ミニバードはスターサーバーに生まれ変わりました! スターサーバー公式サイト

サポート /user support

無料独自SSL

■無料独自SSLの利用について

独自ドメインで運用するサイトに無料独自SSLを導入する場合、該当する独自ドメインのネームサーバーを当サービスの指定にするか、参照先をミニバードにする必要があります。

ネームサーバー設定に関する詳細は、以下のマニュアルをご参照ください。

・マニュアル「ネームサーバーの設定

無料独自SSLが設定完了するまでの流れ
無料独自SSLの自動更新に失敗している場合については以下をご参照ください。
独自ドメインで運用するサイトにおいて、自動更新に失敗する場合

1.サーバー管理ツールにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

2.SSL設定を行う独自ドメイン名の「選択」をクリックします。

3.設定するサイトを選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

■CSR情報の設定について

無料独自SSLは、CSR情報を設定していただかなくても、お手続きは可能です。
なお、必要に応じて、以下の手順で設定することができます。

1.「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れてください。

2.下記項目を全て入力してください。

国(country) 2文字で構成される国コード(ISO略語)
日本の場合は「JP」です。
都道府県(state) サイト運営組織の都道府県名
例)Kyoto
市区町村(local) サイト運営組織の市区町村名
例)Kyoto-shi
組織(org) サイト運営組織の法律上の正式英文名称
例)Sample Inc.
部署(unit) サイト運営組織の部署名
例)Sales

4.一覧画面に設定したサイトが表示されていれば設定完了です。

■ご注意ください

独自SSLの設定が完了した時点では、自動的に「https://〜」のURLへ転送されません。
Webサイトにおけるすべての表示を常時SSL化する場合は、マニュアル「Webサイトの常時SSL化」をご参照ください。

証明書の自動更新について

標準独自SSLで使用するSSLサーバー証明書の有効期限は、発行日から90日後が設定されます。
当サポートにて有効期限から30日前に自動更新を行い、有効期限の延長をいたします。

独自ドメインで運用するサイトにおいて、自動更新に失敗する場合

当サポートによる自動更新が失敗した場合、メールで更新未完了のご連絡をいたします。
また、有効期限の25日前、20日前にも自動更新を行います。

なお、更新手続きが繰り返し失敗する場合、対象のサイトについて、証明書発行元による認証が行えない状況です。
認証を完了するには、以下の項目をご確認ください。

対象ドメインのネームサーバーが「ミニバード」もしくは、「スタードメイン」の場合
  • 対象ドメインが有効であるかを確認する
  • SSLを設定するサイトの参照先がミニバードであることを確認する
対象ドメインのネームサーバーが他サービスの場合
  • 対象ドメインが有効であるかを確認する
  • SSLを設定するサイトの参照先がミニバードであることを確認する
  • .htaccess に設定の以下項目を一時的に無効化する
    サイトリダイレクト(自動転送)、アクセス制限・BASIC認証などのコンテンツ表示を制限するもの

ネームサーバー設定に関する詳細は、以下のマニュアルをご参照ください。

・マニュアル「ネームサーバーの設定

設定に問題がないにもかかわらず設定追加に失敗する場合は、最大24時間お待ちいただいてから改めてお試しください。
また、以上をお試しくださいましても設定追加に失敗する場合は、サポートまでお問い合わせください。

マニュアル一覧に戻る
新規登録
SSL証明書で安全性をアップ!

はじめての方はこちら

「レンタルサーバーって何?」
「ミニバードって何が出来るの?」
そんな方はまずこちら!

初心者のためのレンタルサーバー

ネットオウル漫画マニュアル

  • レンタルサーバーってどんなーサービス?
  • ドメインってどんなもの?
  • ネットオウルポイントとは?

お困りの方はこちら

どうしても分からないことは、ここで質問してみよう!

Q&A掲示板

掲示板を利用してポイントをゲット!

Q&A掲示板を利用して、ネットオウルポイントを貯めよう!
詳しくは、[ Q&A掲示板について ]